スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人であるということ

最近思うこと。
私の舞踏とその稽古方法は、よく瞑想に似ていると言われる。
瞑想をやったことはないし、自分のしていることが瞑想的だと知ったのは、
ずいぶん後になってから。

瞑想に似ているけど実は瞑想とも全然違うんですね、
と、先日生徒さんから言われて嬉しかった。
そう・・・ほんとはかなり違うんだよね。

どこが違うのかと言うと、まず「動く」ということだ。
ある非日常的な変性意識に入りながらも、動きにしていくことによって、客観性を要求されるから、
瞑想特有(らしい)の観念的な思い込み、魔境、に陥ることはない。
動きにしていくのには、自己コントロールが要求されるので、陶酔しながらも醒めている必要がある。

表現という行為は、自己をひとつにまとめあげて、その自己を、
ひいては人間ぜんたいを、未踏の土地に連れ出す。
そして人間の地平を拡大したり深めたりするものだ。
ただ悟ったり解脱すればいいと言うものではない。
ただ楽しい・面白い、きれい、というのとも違う。
社会性も重要な要素だ。
彼岸に渡ったとしても、再び現世に戻って汚濁にまみれる。
この戻ってくる道筋に芸能の力がある。
彼岸と現世の日常とが別のものではないと認識する、
そしてなんらかの人間の能動的行為に及ぶ。
それが芸能だ。

だから瞑想的なものは入り口にすぎない。

それともうひとつ、
身体表現について、なかなか理解されないことがあるな、と最近わかった。
ただ見事に踊るというのと、表現の違いは何か。

近代以降の表現行為は、個人から出発する。
いわゆる作家という存在。
集合的匿名性によって作品が作られた時代を私達は生きていない。
近代的自我をいくら批判しても、私たちは近代的自我からしか始められない。
このことの痛みは大きい。
学者なら近代を批判して済むかもしれないが、
創作する人間は、その時代の限界を生きなくてはならない。
(近代的自我という言葉もこんにちではズレがあるけど、ここでは便宜的に使っている)

創作舞踊以外の面白いパフォーマンスはいっぱいある。
伝統芸能や、宝塚や、見世物小屋や、ストリートダンスや・・
それらと創作表現の世界の違いは何か。
このことがとてもわかりにくいのだと、稽古場の生徒さんと接していると感じる。
インプットされた情報が多くて、大本が見えなくなっている。

表現とは「自分という個人」から出発する。
自分がどんなにちっぽけで、つまらないこだわりを生きているとしても、
いまわしい近代的自我にしか入り口はない。
外側にどんなに素晴らしいものがあっても、それは自分ではない。
ちっぽけな自分から始めて、ちっぽけでない大きな世界に出ていくのだ。

人間にとって、自分と向かい合うことはもっとも難しい苦しいことだ。
だから大半の人間は、自分の外にある気晴らしで一生を費やす。
それが膨大な量の読書であっても、高尚な芸術であっても、基本的には気晴らしでしかない。
どんなに素晴らしいものも、そこに自分を投入しなくては、自分の血肉にはならない。
自分が生き、自分が死ぬ時、外部のものは力にはならない。

踊ることは最高に官能的な行為だけど、
それが表現である限りは、楽しいだけではない、自分との闘いがある。

大野一雄さんは、舞踏するには「楔=クサビ」が必要だ、と言っている。
クサビとは、吸血鬼の体にうちこめば絶命するアレだ。
その人間にとっての致命的な何か。
身体の奥深くある「存在のタネ」みたいなもの。
それを白日のもとに晒せば、自分というひとつのまとまりは崩壊する。
そういうものを相手にしないと表現はできない。

最終的な深い領域まで行ける人間は少ない。
そんなことまで求められるのでは、自分は舞踏なんてしたくないという人もいるだろう。
私はそれでいいと思っている。そこまで行かなくても。
すべての人間が究極まで行く必要はない。
だけど表現とは、本来そういうものだと知らなければ、途中までをも行くことは出来ない。
誰にでも芸術はできる、みたいな発想ではできない。
努力も苦悩もなく出来るものは芸術でも表現でも芸能でもない。

一人では行けない場所に、複数の人間で行ってみたい。
いい意味での役割分担が大切と思う。
人間は弱い。100%の孤独を生きられる者はいない。

自分のクサビをどうやって見つけるか。
具体的な方法があるわけじゃない。
ただ人生に躓いたり、稽古したり、そういうことを丁寧にしていくしかない。
稽古場の他者を自分の鏡にして。
稽古している時だけは、魂が洗い出される、そういう場所で稽古場はありたい。
稽古場では、他者のむき出しになった魂に立ち会うことができる。
それも大げさでなく、ムリのないかたちで。とても静かに。
ふだんの生活では決して見ることがないものだ。
そしてひとりでは自分と向かい合うことが出来ない者も、
ひとつの場が実現してくれるものがあるかもしれないのだ。
最初から自分が見えている者はいない。

  人は誰でも、
  気がつけば荒野にただひとり・・・
スポンサーサイト

ブロードチャーチ・殺意の町

→ ブロードチャーチ 殺意の町

これはテレビドラマ用につくられたイギリスのミステリー。
全部で8時間に及ぶので、映画1本よりずっと長いのだけど、
冗長な感じは全くしないし、見ごたえがあり、
ドラマを見るという重厚な時間の快楽を堪能させてくれた。

ブロードチャーチという海沿いの小さな町で、少年が殺害される。
すべての住人が顔見知りである閉ざされた田舎町での殺人事件、
という珍しくもない設定なんだけど、とにかくじっくり見せてくれる。
イギリスのドラマによくある地味な作りで、
海沿いの崖の上にある町の風景の素晴らしさ、ストーリーの意外性、
ありきたりの人間、の内的世界の奥行きの深さ。
これぞオトナのドラマだ。
女優さんもチャラチャラしていなくていい。
日本の刑事物みたいに、刑事役の女優さんがロングヘアーをなびかせて、
つけまつげバッチリとか、そういうペカペカしたのは好きじゃない。

イギリスのドラマの人間の描き方には、いつも感じるんだけど、
シェイクスピアの世界に通じる、演劇性があるように思う。
アクションもあるけどそれ以上に、佇まいで人間を見せるというところがある。
どんなに劇的な出来事があろうともおかまいなしに人生は日常としてどこまでも続いている、というオトナの認識。
犯罪があろうとなかろうと日常は同じに続くものだよ、という、
カタルシスなき日常のちからを淡々と見せつける。
こういうところにいつも痺れる。
大げさに観客を驚かせようというところがなく、
つまらなければ見なくていいよ的な、堂々たるドラマの佇まい。
日本でそれをやったら視聴率ガタ落ちになりそうだ。
演劇の伝統が観客を鍛えているのかと思った。
観客を信頼しているのだろうな、羨ましいな。

海外のミステリーを見る楽しみのひとつが、
土地の固有性と結びついた人間のドラマがあることだ。
土地と人間の佇まいが一体になっている。
犯罪という人間の本質が、土地のなかに亡霊のように浮かび上がる。
人間のドラマが「土地」に呼吸を促しているかのよう。
ただ眺めているだけの風景としての土地ではなく。
植物が土地ごとに、その生態に固有性があるのと同じ。
生命とは土地の亡霊なのかと思う。
ネット時代のグローバル時代の均質の世界に、
こんなにもローカルな土地が生きたものとして感じられるのは、実に楽しい。
画面を通じて土地の空気が伝わってくる。

ストーリーについてはネットで検索出来るので、
ここでは私に強く印象に残った場面について書いてみる。

少年を殺害した犯人が逮捕され、ドラマは終盤になる。
夜になって、断崖のうえに村人が集まり死んだ子どもの魂を送る。
よろめきながら嘆き悲しむ母親。
村人は無言のうちに松明をかかげる。
花束(だったか子どもの遺品だったか忘れた)を海に投げる。
・・・この場面が素晴らしかった。
形として完成された儀礼でなく、まだ生々しい魂の領域での葬送の儀礼であった。
やがて遠く離れたあちこちの場所から、闇のなかにポツリポツリと静かに松明の炎があがる。
それを見て胸を突かれる母親。
村全体が顔見知りだった少年の魂を送っていた。
まるで木霊が響くように。

こんな美しい場面をテレビドラマで見るとは思わなかった。
そして、この場面で、
水と火のちからが鎮魂には必要なのだな、ということを感じた。
人々の沈黙と、
断崖の上から見おろす深い水底と、
かかげられた松明とで、
たしかに魂は送られた、と思った。
火と水と沈黙の霊威によって。
突然古代が出現したかのようだった。
死者を送るという行為が、時空を越えて断崖の町を古代へと運んだ。
そこでは人々は死者と一体になって、
自分の魂のありかを、はっきりと感じていたのではないか。
魂は死者とともに彼岸へと運ばれたのだろう。

小野修さんの「文学と音楽」CD発売中 !



知人である小野修さんの「Literature&Music」というCDが全国流通で発売になりました。
Amazonで購入できます。
  → Literature&Music
試聴はこちら
  → 小野修1stアルバム「文学と音楽」 


かなり前になるけど、小野さん企画のライブ「文学と音楽」を聴きに行った。
その時の感想を書いたものをここに掲載してみる。
 
「昨年から私の稽古に参加している詩人の深澤紗織さんの、魅惑的な声を聴いてきた。
文学の名作の言葉にメロディをつける、という無謀で地味な試み。ふつうから言ったら、文学の言葉にメロディをつけるってあり得ない、と私なら思う。文学の言葉って自立していると思い込んでいるのかな。黙読が当たり前になってる。
このライブのメロディの付け方は無理がないところでととどまっていて、文学の言葉が今まで感じたことのないみずみずしさで立ち上がった。朗読でもない、歌にもなりきっていない、その不思議な成り立ちが、どう表現していいのかわからない世界だった。
言葉に音楽がついたことで、黙読が当たり前の文学の世界に、朗読とは違う光があたったように思った。黙読という「目の疲れ」がほぐれたのかな。派手に何かをたちあげるというより、小さな光が闇にともったようで、いい時間でした。
 ・・・うん、そうそう、、言葉が囚われの網から解き放たれて、空間に泳ぎだして来たような感じ。水の中のお魚みたいに。」

それは確かに新鮮な体験だった。
今ここで、その時の作品がCDになり、
このような無謀な試みがひとつの形になって世に出たことを、私はこころから喜ぶものであります。 


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

Author: 最上 和子
[著作者紹介]

 








[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。